おとさたない

楽しければいいと思ってる人の日記です

TRPGプレイ日記『ぼくらとミゴのなつやすみ』

※この記事は個人のTRPGプレイ記録用&感想用日記です。

シナリオのネタバレがあります。特に有益な情報はありません。

問題があれば削除いたしますのでご一報ください。

 

 ▼以下スクロール▼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先日2/26に、友達とクトゥルフ神話TRPGシナリオ『ぼくらとミゴのなつやすみ』を遊びました!

f:id:otosatanai:20180307215938j:plain

『ぼくらとミゴのなつやすみ』、通称『ぼくミゴ』はあべべんさん制作の長編シナリオです。

ざっくりとしたあらすじを以下に引用させていただきます。

 

「 小学校初めての夏休み。探索者達は遊び場にしている秘密基地で、カニとキノコをあわせたような不思議な生物に出会う。

弱りきっていたその生物は『ミゴ』と名乗り、次第に探索者達と親交を深めてゆく。

折しも、街は目撃されたUFOで大騒ぎ。研究者や警察、ガキ大将の一味までもが宇宙人を探し東奔西走。

果たして、幼き探索者達は『ミゴ』を守り切ることができるか―――  」

(~ぼくミゴ配布PDFより引用~)

 

 

『ぼくミゴ』はクトゥルフでありながら、友情や家族愛がテーマに盛り込まれているとてもハートフルな作品です。

もうね、マジでプレイしながらちょっと泣いた。とにかく良かった…!

 

今回の私のキャラクターは佐々本蛍琉(ささもとほたる)。小学1年生の男の子です。

シナリオ上、PCは全員小学1年生となる(能力値や技能値に上限があり、子ども並のものとなる)ため、今回用に新しく作ったPCでした。

f:id:otosatanai:20180307221409j:plain

性格は一言でいうとイキリオタクです。

シナリオを進めるのに必要ないコンピューターの技能持ち。能力値はめちゃめちゃド平均です。

 

f:id:otosatanai:20180307221621j:plain

一緒に冒険をした友達のPCは足立愛菜ちゃん、五十嵐勇くんの2人。

また、シナリオ上お助けNPC的立ち位置の友達、きよとくんがいました。今回の主人公は蛍琉を含めたその4人です。

 

ぼくミゴの特徴はまず自分たちが小学1年生なこと!

なのでどうしても制約が多い。先にも書いた通り能力値や技能値が低めだったり、小学生がいくら必死で説得や言いくるめをしようとしてもなかなか難しかったり…。

何というか、最近はほとんど忘れていた、「こっちはこんなに必死なのに取り合ってもらえなかったり分かってもらえなくてとにかく悲しくて悔しい」気持ちを思い出しました。

 

また、PCの家族構成が事前に決まっています。蛍琉はPC3に当たり、両親が音楽家で海外に出張中のため、知り合いの家に預けられているという設定でした。

その知り合いの家には同い年の女の子しえりちゃんと、25歳の現代の貴族(自称)みつをがいます。

f:id:otosatanai:20180307222819j:plain

しえりちゃんは蛍琉のことが大好き。後々どんどんヤンデレ化していくのですが…、序盤は健気で本当に可愛いんだ~~~。デレデレRPするのも楽しかった。

何もしてないのに可愛い女の子に言い寄られ、蛍琉はチート主人公となりました。

 

そして、肝心のストーリーが、とても良いです…。

まず小学生、夏休み、冒険、ひと夏の友達、っていう素敵さ。カタルシスがすごい。

また、家族構成が事前にあるため、その家族との関係性が深まりRPが捗る。RPを重要視したシナリオだそうで、実際ストーリーのクライマックスで最も重要になるのはRPでした。

謎解きが苦手な私は、主に「演じるのたのしーー!」って気持ちでTRPGしているのでそういうの大好き。すっごく楽しかったです!!

あとこの長編を回してくれたKPさんに感謝の極み…!ありがとう本当にありがとう!!

 

たしか元々は同人誌として頒布されていたシナリオ?だったかな?ですが、現在は無料でシナリオPDFが公開されているので気になった方は是非!

あべべんさんご本人がKPをしているプレイ動画も上がってるよ!私も自分でプレイした後観ました。泣きました。

 

 

おまけの一コマ。

勇くんのお父さんからの追及を誤魔化そうとした蛍琉のその場しのぎの言い訳で、勇くんの自由研究は蟹に決定しました。

f:id:otosatanai:20180307223620j:plain

 

もう一つハイライト。

KPさん←→勇くん。ひどい。

f:id:otosatanai:20180307224828j:plain