おとさたがない

楽しければいいと思ってる人の日記です

近況報告的な

近況報告的な。

 

サカナ第3回公演の衣装は各公演の演出が兼任しているので、

最近はもっぱら

 

衣装作る

衣装作る

稽古行く

衣装作る

布を買う

衣装作る

衣装作る

動画観る

衣装作る

稽古行く

衣装作る

衣装作る

動画観る

 

みたいな生活をしています。

近いうちにサカナのTwitterやサイトにも衣装の写真が上がる予定なのでお楽しみに!

 

漫画は一切描けてません。大体そんな感じ。

TRPGプレイ日記『腐りの子宮』

※この記事は個人のTRPGプレイ記録用&感想用日記です。

シナリオのネタバレがあります。特に有益な情報はありません。

問題があれば削除いたしますのでご一報ください。

 

 ▼以下スクロール▼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日9/1に、我が家で友人たちと一緒に

クトゥルフ神話TRPGシナリオ『腐りの子宮』を遊びました!

超楽しかった!!TRPGをやること自体がちょっと久しぶりでした。

 

f:id:otosatanai:20170903001617j:plain

 

シナリオのざっくりとしたストーリーは、

「男性アイドルへのガチ恋を拗らせた末に想像妊娠した女性の思念世界(子宮を模している)に探索者達は巻き込まれる。

その世界の中では時間の経過と共に探索者達の身体は若返っていく。

探索者は自分が胎児にまで若返ってしまう前に、どうにか謎を解いて脱出する」

というものでした。

 

地図が子宮を模していてえぐい。えぐくてかっこいい。

謎解きがあまり得意でない( ×得意でない 〇壊滅的な )

私には丁度いい難易度と時間で楽しかったです!

 

 

今回の私はPLで、使ったキャラは原田ずきん。18歳放浪者でした。

ずきんを使うのは1年ぶり2回目だったのですが、ずきんは常識無く思ったことを口に出して大暴れできるのでとにかく楽しかったです。

逆に普通の人の方がRPし辛いよね。

 

f:id:otosatanai:20170903001623j:plain

今回はPC2人でした。

友達PLで一緒に行動してたタダシさんも常識無い中二気味キャラだったのでやりやすいやりやすい。

 

f:id:otosatanai:20170903002650j:plain

ずきんは探索せずに部屋を飛び出したりするので止めてくれてありがとう。

猪突猛進系ずきんとビビりの気があるタダシさんで2人のバランスは良かった気がします。

 

f:id:otosatanai:20170903173210j:plain

2つ目の部屋には女性のような形をして、母親のような感じを受ける不思議な泡があります。それをナチュラルにお母さん呼びするずきん。

泡はこの世界を作り出した女性の思念体?のような存在でした。

 

クリア後にKPさんに聴いた話、この泡を否定するようなこと(例:「あなたは母親じゃない」、「アイドルの○○は父じゃない」等)を言うと泡が発狂するらしかったので、

泡と喋ってるのがずっとずきんだけだったのはむしろ良かったかもしれない。

 

 

そしてPCじゃなくPLが時間制限の存在に気付いたのがめちゃめちゃ遅かったので、

気付いてからの脳汁ぶしゃぶしゃ具合がすごかったです。

むしろ私はどうして時間制限に気付かなかったんだ……。

 

ドタバタと謎解きを終えて、2人が脱出した時点でリアル時刻が23:30。

こちらもクリア後に聴いた話、KPさんが計っていたタイムリミットも22:30だったらしく、ロスト寸前じゃねーーか!!!! 

正直興奮した。

 

 

とにもかくにも楽しかったです!

こちらのシナリオはpixivで公開されているようなので機会があれば是非! 

 

f:id:otosatanai:20170903004523j:plain

最初に居た子供部屋のおもちゃ箱から怪獣のぬいぐるみをもらってきた(パクッてきた)ので、シナリオ中ずきんはずっとぬいぐるみを持ってました。可愛い。

脚本『星が降る』を上げましたってのと雑感

脚本DLサービス「はりこのとらのあな」に、

新しく創作脚本『星が降る』を上げました。

こちらのURLから全文DLできます。お時間あれば是非。

脚本ダウンロードサービス

 

ざっくりとあらすじを書くと、

地球滅亡直前の世界で不運にも選ばれてしまった普通の男子大学生が、

人類のためというよりは自分のために奔走する話です。

更にものすごくざっくり言うと所謂トロッコ問題の話です。

 

当社比シリアス、長めです。

自分で書いておいてなんですが、『星が降る』はバッドエンドと言えるのかなと思っています。

書き始めは爽やかな青春ものが書きたかったはずなんだけど、まあそれはまた別の機会に。

多分普通にやったら60分超える、下手すると2時間近くかかるかもしれない。

場転はあるわ大道具小道具は欲しいわできれば映像も入れたいわで

実際に上演するのはなかなかハードルが高いと思いますが、

お時間あればちょろっと読んでみてくれたら嬉しいです。(謙虚)

作家ページに他の脚本もあるのでそちらも何卒よろしくお願いします。(強欲)

 

 

 

▼ここから雑感。

 

他の脚本と言えば、

パロディだし短めで場転も無くてやりやすいからだと思うんですが、

前作の『桃太郎が来ない』が断トツで人気あって嬉しい&有難い限りです。

私の所属している劇団マエカラサカナアでも、11月に『桃太郎が来ない』をやるのでそちらも何卒よろしくお願いします。(強欲2)

 

桃太郎に限らず、色んな団体さんから上演申請のメールをいただく度に、「観てえ」と思います。

自分の脚本を知らない団体さんが上演してるところとかそりゃ観てえ。

特に桃太郎に関してはキャラの性格やビジュアルが、演出さん役者さんによってかなり変わってきそうな脚本なので、観てえ。

私の脚本は改変も口調などを変えるのも基本的には歓迎です。

あまりにも話そのものが変わってくるとか結末が違うとかだと流石に駄目という場合もありますが、

是非その団体さんだけの舞台を作っていってくれたら嬉しいと思います。観てえ。

 

 

ずっと漫画を描いていた私にとって演劇は少し不思議な話で、

漫画は全部自分のものだと思っていたけど、演劇はそうはならないんですよね。

 

漫画は話を考えるのもキャラを作るのも実際に描くのも基本は自分1人ですが、

演劇はお客様に見せることが前提で、演出さんや共演する役者さんやその他スタッフさんが常に居て自分1人のものにはどうしたってならない。

脚本提供に至っては実際にどんな作品になったのかも私には分からないし。

 

「お前今更何言ってんだ」って話だとは思うんですが、

私は私のためだけに漫画を描きたいと思っていた時期が長くて、でも読んでほしい評価されたいという矛盾がありまして、

いや分かってる無理だろそれは。ガチの天才じゃなきゃ無理だろ。

 

演劇を通して、自分の手を離れたものはもう自分1人のものじゃないってことを体感的に分かるようになったのは自分の中で良かったことなのかなと思っています。

何だこの話。終わる。

第3回公演情報!

私の所属している劇団「劇団マエカラサカナア」の第3回公演の情報を出しました!

詳しくはサカナの公式サイト、Twitterをご覧ください。

 

 

f:id:otosatanai:20170808024650p:plain

 

第3回公演『めでたしめでたし』では学校祭内で3本の短編を上演します。

童話を元ネタにした15分~30分くらいの短編で、気楽にさくっと観れる構成になる予定ですのでお近くの方は是非。

 

第1回、第2回公演では役者兼何でも屋みたいなことをやっていた佳音ですが、

今回はなんと3本のうちの1本『桃太郎が来ない』で初めての脚本・演出をやらせていただきます。

しかも自分の脚本に役者としても出ます。

 

また、もう1本『7番の事情』にも役者として出ます。

『7番の事情』は役者のみですが、なかなかにやりがいのある役どころです。正直やるのすっっごい楽しみ。

 

 

今まで私は演出をやったことが無い上に、『桃太郎が来ない』はギャグ調の会話劇なので不安はありますがもちろん楽しみでもあります。

この脚本はよく高校の演劇部さんやその他の団体さんでも上演していただいていて、自分でも結構気に入ってる脚本なんですが、

実は一度「サカナ向きじゃないわな」って理由でサカナでの上演を没にした脚本だったりもします。

うわやっべえどんどん不安になってきた。

 

ですが、その分普段のサカナの雰囲気とは違った作品にできるかなと思っているので、

精一杯挑戦していきたいです。

頑張ろう。超頑張ろう。

 

 

最近とても幸せなことに良い演劇を観る機会に恵まれて、

しかもこの夏は片手で数え切れないほど観たい舞台があるので

個人的にすごく演劇づいてます。

めちゃめちゃ月並みだけど「演劇って良いなあ!!」って気持ち。

 

サカナは裏方・制作も全て自分たちで回していることもあって、本番が近づくほどメンバーが消耗して限りなく死体に近づいてしまうので、

この熱意と元気をちゃんと持続させていきたいです。

 

そしてそのためにはしっかり休んでチャージする時間も必要だなって、

死体だった第2回公演を思い出して心からそう思います

っていうか何事もそうだよな。気付くのが遅い。

自分が冷静なようでいて意外と猪突猛進型だってことに最近気付きました。気付くのが遅い。

 

なので、無理はせず、でも全力で、頑張っていきたいと思います。

私は私のやれることをしっかりやろう!って思ったよ。

 

個人的にはそんなこんななサカナの第3回公演です。

皆様のご来場をお待ちしています!

ネームができました

ネームができました。

 

ブログを開設したばかりなので調子に乗って更新しています。

絶対にこのペースでの更新は続かないと思います。

っていうか続かせる気が無い。

 

という話は置いておいて、次の投稿作にする予定の創作漫画のネームができました。

f:id:otosatanai:20170802105653j:plain

犬系女子が奮闘するラブコメです。

また砂を吐くようなネームを描いてしまった。

 

私のネームはA4のコピー用紙を二つ折りにしただけのものに

ほぼ殴り書きスタイルです。

自分に分かれば良いスタイル。たまに自分でも分からないことがある。

 

 

ちょっと久しぶりにネームをやりましたが、いやーネーム苦手だわ。

っていうか漫画の作業すべてが苦手だわ。 楽しいけども。

 

今まで割とコンスタントに3か月に1本くらいのペースで常に漫画を描いていたんですが、

ここ半年はシューカツや演劇でバタバタしていて、最後に漫画の作業したのが多分1月。

それから半年しか経ってないのにどうやって漫画描いてたか分からなくなって、

月並みですがやっぱり続けるって大事なんだなあって思いました。

漫画に使うエンジンと演劇に使うエンジンを同時にかけておければ良いんですが、

まあ難しいよな。

 

 

そして今回は当社比ネームをしっかりめに直しました。

いつもは学校行きながら3,4日でちゃちゃーーっと描いて、

気になるところだけ直したらすぐ原稿に取り掛かってしまうことが多かったんですが

(だから作画の段回でネームが埋まってないコマとかあったりする)、

今回は最初に描いたものと完成版が結構違ってます(あくまで当社比)。

 

かかった時間は夏休み中の1週間くらいです。

いつもよりは時間をかけたけど、でも今帰省中で実家にいるので

集中力はいつもより下がっている感じがあります。

だって実家に既に私の部屋無いんだもん!!

いつどこで作業してても必ず誰かしら通りかかるんだもん!!

すぐに猫を揉みたくなるし。

 

 

っていうのはともかく、何となく多分私はネームにかけてる時間や労力が少ない方なんじゃないかなとは思っています。

どうなんだろう…。人のネーム見せてほしい。

いや、漫画においてネームが何より大事だってことは分かってます。

ただし分かるのとできるのは別。

 

 

何はともあれ、何とかネームが完成したので原稿頑張ります。

タイトル決めなきゃな。タイトル付けるのも苦手です。 

ご挨拶的なの

こんにちは、安田佳音と申します。

特に何というタイミングでも無いんですがブログを始めました。

過去のブログは古くなり過ぎたので、深夜に大掃除をするような気持ちで葬りました。

 

このブログでは主に漫画のこととか、演劇のこととかをちょこちょこと

書けたらいいな~~~どうせ続かねえんだろうな~~~と思っています。

思い出したときにでもお付き合いよろしくお願いします。

 

▼自己紹介

安田 佳音(やすだ かのん)

 YDK(やればできるかのん)です。やればできます。多分。

 少女漫画を描いて投稿活動をしたり、劇団にて役者その他何でも屋をやったりしています。

 たまーに同人やったりコスプレしたりTRPGしたりしてます。

 楽しそうなことには首を突っ込んでいきたい所存。

 つまりただのオタクです。ゲーム実況動画を観るのが好きです。

 

▼外部リンク

 ▽Twitter(@otosata71)

 

▽pixiv

 

▽所属劇団 公式サイト

劇団マエカラサカナア公式サイト

 

▽はりこのトラの穴(自作演劇脚本)

脚本ダウンロードサービス(安田佳音)