おとさたない

楽しければいいと思ってる人の日記です

第3回公演ありがとうございました+第4回公演の話

今日の日記長いです。よろ。

 

遅ればせながら、先日私の所属している劇団マエカラサカナアの第3回公演『めでたしめでたし』が無事終演しました。たくさんのご来場ありがとうございました!

あの会場で立ち見があんなに出てるの初めて見ました。サカナ初めてでふらっと立ち寄ったという方も多くて有難い限りです。

サカナの公演目当てに学校祭来たって言って下さる方もいて、本当に本当にありがとうございました!!幸あれ。

 

 

 

というわけで、ここからは超個人的な裏話?的なものをちょびっと。

 

今回(毎回)ギリギリの日程とスタッフで公演を回しているので、しかも今回は学校祭内での公演ということもあって展示やら物販やら色々いつもと違うこともあって、とにかくバタバタしてました。

上演中が一番安心できる時間だったもん。何故なら上演中は公演の枠の中でしか予定外のことが起こらないから。

その上で特に2日目のアポンナ公演とか予定外のアドリブ祭だったんですけど、それでも上演中は安心して楽しくやれました。めでたしめでたし。

 

正直に言ってしまえば本番直前よりもDVD撮影直前だった本番2週間前くらいがめちゃくちゃ追い込まれてました。

受験が1年かけて追い込まれるとしたら、それが濃縮verで1週間にまとめて来る感じ。限界すぎて精神が逝くかと思った。死にたいで検索すると電話相談がトップに出るのしゃらくせえなって思いました。

私は限界だと普通に態度に出てしまうので周りの方々にマジで申し訳ない。不快にさせていたら本当にごめんなさい。っていうかあの時期みんなほぼ死体だった。

 

 

でも本番は本当に楽しかったです。

上記の苦労の甲斐あってとは言わないぞ、苦労は必要な時もあるけどしなくていいならしたくないしそもそも過度な無理は駄目絶対。

本当に老若男女たくさんの方に来ていただいて、しかも皆さん役者がやったことに笑ったり反応してくれるからすごくやりやすかったです。お客さんが近い会場好き。

今回は短編3公演の詰め合わせ、しかも3つ全て脚本と演出担当が違うという公演毎の毛色の違いを楽しんでもらうことがポイントの1つでした。

学校祭ということでふらっと立ち寄った方にも1つ1つを気軽に観やすく、と考えていたのですが、客席を見た感じ3つ全て観て下さった方も結構いた…よね…?マジでありがとうね…??なんでそんな良くしてくれるんだ??徳詰みすぎでは?

なので1つ観ても楽しく、全部観たらそれぞれ雰囲気が違って更に楽しんでいただけたかなと勝手に思っております。ご来場本当にありがとうございました!

 

 

そして脚本についての話。

今回の第3回公演の企画段階で、気軽に観れるように短編をいくつかやろうということは決まっていて、

その時私の手持ちの脚本にアポンナ公演になった短編『桃太郎が来ない』があったので、じゃあ童話・昔話をモチーフにした公演をやろうぜって話になったのでした。

学校祭なら子どもや普段演劇観ない人も結構いらっしゃるので、完全オリジナルよりモチーフがあった方がとっつきやすいだろうということもあった。

 

じゃあ○日くらいまでに脚本書いて来てねって流れになって、そしたらワンス公演とタイム公演がまさかの「オオカミと七匹のコヤギ」で元童話被りをしました。

白雪姫とかシンデレラとかで被るならまだ分かるけど、七匹のコヤギってマイナーでは無いけどそこまでメジャーじゃなくない?そこで被る?とはなったのですが、何しろどっちも脚本が超面白かったのでまあいっか、ということで被ったまま続行しました。

 

でも私だけ日本昔話で寂しかったので公演が終わった後私も七匹のコヤギモチーフで脚本1本書きました。こちらから読めます↓

https://haritora.net/member/look.cgi?script=14359&full=index

 

同じモチーフでも書く人が違うとやっぱり全然違うものになるね。私クソギャグ担当みたいになってるね。お腹裂いて石詰めるってヤバいよね。

 

 

 

そしてそしてそして、ついこの間第3回公演が終演したんですけど、

今週からは第4回公演の稽古が始まります。わお。

 

f:id:otosatanai:20171113005344p:plain

劇団マエカラサカナア第4回公演『銀河鉄道の夜』です。

前売チケットのご予約は公式サイトで(私が手動で)受け付けております。ご予約お待ちしています!

 

 

おまけのエピソード。

劇団マエカラサカナアのメンバーは元々大学の演劇サークルの同輩で、1年生のときにそのサークルで初めてやった公演が「銀河鉄道の夜」でした。

このメンバーで初めて作った舞台が銀河鉄道の夜で、学生最後に作るのも銀河鉄道の夜なの、狙ったわけじゃないんだけど良いエピソードすぎるよね。

しかも今回は客演さんをたくさんお呼びしていて、この4年間で演劇を通してご縁が出来た方々、お世話になった方々に出演していただきます。なんかもうエピソードが綺麗すぎるでしょ。

 

 

私たちは銀河鉄道で旅立って、たくさんの人に出会って、そしてここで一旦終着です。

幸せなことすぎて、ずっと夢を見ていたような気もします。

大好きな人たちと同じ汽車に乗って同じ景色を見て、本当に幸せ者でした。

 

 

……自分で書いといて恥ずかしくなってきた。こういうの向いてねえわ。

そして私は第4回公演では大学士役として出演します。

まだ1回動いただけなんだけど、新しい役はやっぱりわくわくします。あと実は最近若者役ばかりやってたので1年ぶりにおじさんです。頑張るぞー!

第4回公演『銀河鉄道の夜』、よろしくお願いいたします!!

 

近況報告的な雑談

先日は投げやりな日記を失礼しました。劇団の制作面に追われて参っていました。

つい最近、制作に関する大きな山を越えてかなりメンタルが回復したので、やっぱり先週先々週辺りの私はやられてたなと今更ながら思います。

今日の日記もそこそこ投げやりに見えますがそれは素です。

 

本番を控えてまだまだ忙しいは忙しいんですが、行きたかったライブのチケットがご用意されたので気持ちは大変元気です。 

しかもそのライブの週は他の日に別なライブの予定も入っている。幸せの過剰摂取。推しが居るって素晴らしい。

 

他の近況としては、気付いたら身内のTwitterが厄介なタイプの政治アカウントになっていてハイパーげんなりしました。

普通にネットを泳いでてサーナイトのエロ画像を見たことがあったり、興味本位でHTFを見てトラウマを抱えたことがあったり、

ネットをそういう使い方してきた人としかネット上では付き合いたくないんだ分かるか。分からないならそれはそれで良いんだ解散。

投げやり日記 第3回公演情報追加

今日は超今更かよって話を書きます。

第3回公演『めでたしめでたし』の本チラシができました!可愛い!!

確か今月の2日とかにはサカナのTwitterにこの画像上がってました。

 

f:id:otosatanai:20171014015904p:plain

 

チラシだけでなく、物販情報や稽古風景、役者のビジュアルなども上がっていて、

更には第4回公演という重大発表があったりしたんですが、その辺はサカナのTwitterとサイトを見てくれ。

 

というわけで諸々の作業に追われて現在めちゃめちゃバタバタしています。

なのでいつもの5割増しで投げやりな文章になっています。告知用というよりは自分用の息抜きブログなので許してくれ。

 

しばらくブログ書いてねえなと思って確認してみたら、前回ブログを書いたのが27日前のことでしたウケる。

いやウケない、無理。部屋のカレンダーがまだ9月のままになってるのも無理。

 

第3回公演の情報出しの頃のブログに目を通して、66日前の自分マジでふざけんなよって思いました。

「サカナは裏方・制作も全て自分たちで回していることもあって、本番が近づくほどメンバーが消耗して限りなく死体に近づいてしまうので、この熱意と元気をちゃんと持続させていきたいです。」

って66日前に書いてるけど現在死体です。学びとは何だったのか。俺はこんな感じで一生やっていくのか。アイス食べたい。

 

 

とはいえ、一生懸命楽しくやっております。

大好きな人たちと大好きなことができて幸せです。

そして足を運んで下さる皆様に楽しんでいただけたら何より嬉しいです。頑張ります。

近況報告的な

近況報告的な。

 

サカナ第3回公演の衣装は各公演の演出が兼任しているので、

最近はもっぱら

 

衣装作る

衣装作る

稽古行く

衣装作る

布を買う

衣装作る

衣装作る

動画観る

衣装作る

稽古行く

衣装作る

衣装作る

動画観る

 

みたいな生活をしています。

近いうちにサカナのTwitterやサイトにも衣装の写真が上がる予定なのでお楽しみに!

 

漫画は一切描けてません。大体そんな感じ。

TRPGプレイ日記『腐りの子宮』

※この記事は個人のTRPGプレイ記録用&感想用日記です。

シナリオのネタバレがあります。特に有益な情報はありません。

問題があれば削除いたしますのでご一報ください。

 

 ▼以下スクロール▼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日9/1に、我が家で友人たちと一緒に

クトゥルフ神話TRPGシナリオ『腐りの子宮』を遊びました!

超楽しかった!!TRPGをやること自体がちょっと久しぶりでした。

 

f:id:otosatanai:20170903001617j:plain

 

シナリオのざっくりとしたストーリーは、

「男性アイドルへのガチ恋を拗らせた末に想像妊娠した女性の思念世界(子宮を模している)に探索者達は巻き込まれる。

その世界の中では時間の経過と共に探索者達の身体は若返っていく。

探索者は自分が胎児にまで若返ってしまう前に、どうにか謎を解いて脱出する」

というものでした。

 

地図が子宮を模していてえぐい。えぐくてかっこいい。

謎解きがあまり得意でない( ×得意でない 〇壊滅的な )

私には丁度いい難易度と時間で楽しかったです!

 

 

今回の私はPLで、使ったキャラは原田ずきん。18歳放浪者でした。

ずきんを使うのは1年ぶり2回目だったのですが、ずきんは常識無く思ったことを口に出して大暴れできるのでとにかく楽しかったです。

逆に普通の人の方がRPし辛いよね。

 

f:id:otosatanai:20170903001623j:plain

今回はPC2人でした。

友達PLで一緒に行動してたタダシさんも常識無い中二気味キャラだったのでやりやすいやりやすい。

 

f:id:otosatanai:20170903002650j:plain

ずきんは探索せずに部屋を飛び出したりするので止めてくれてありがとう。

猪突猛進系ずきんとビビりの気があるタダシさんで2人のバランスは良かった気がします。

 

f:id:otosatanai:20170903173210j:plain

2つ目の部屋には女性のような形をして、母親のような感じを受ける不思議な泡があります。それをナチュラルにお母さん呼びするずきん。

泡はこの世界を作り出した女性の思念体?のような存在でした。

 

クリア後にKPさんに聴いた話、この泡を否定するようなこと(例:「あなたは母親じゃない」、「アイドルの○○は父じゃない」等)を言うと泡が発狂するらしかったので、

泡と喋ってるのがずっとずきんだけだったのはむしろ良かったかもしれない。

 

 

そしてPCじゃなくPLが時間制限の存在に気付いたのがめちゃめちゃ遅かったので、

気付いてからの脳汁ぶしゃぶしゃ具合がすごかったです。

むしろ私はどうして時間制限に気付かなかったんだ……。

 

ドタバタと謎解きを終えて、2人が脱出した時点でリアル時刻が23:30。

こちらもクリア後に聴いた話、KPさんが計っていたタイムリミットも23:30だったらしく、ロスト寸前じゃねーーか!!!! 

正直興奮した。

 

 

とにもかくにも楽しかったです!

こちらのシナリオはpixivで公開されているようなので機会があれば是非! 

 

f:id:otosatanai:20170903004523j:plain

最初に居た子供部屋のおもちゃ箱から怪獣のぬいぐるみをもらってきた(パクッてきた)ので、シナリオ中ずきんはずっとぬいぐるみを持ってました。可愛い。

脚本『星が降る』を上げましたってのと雑感

脚本DLサービス「はりこのとらのあな」に、

新しく創作脚本『星が降る』を上げました。

こちらのURLから全文DLできます。お時間あれば是非。

脚本ダウンロードサービス

 

ざっくりとあらすじを書くと、

地球滅亡直前の世界で不運にも選ばれてしまった普通の男子大学生が、

人類のためというよりは自分のために奔走する話です。

更にものすごくざっくり言うと所謂トロッコ問題の話です。

 

当社比シリアス、長めです。

自分で書いておいてなんですが、『星が降る』はバッドエンドと言えるのかなと思っています。

書き始めは爽やかな青春ものが書きたかったはずなんだけど、まあそれはまた別の機会に。

多分普通にやったら60分超える、下手すると2時間近くかかるかもしれない。

場転はあるわ大道具小道具は欲しいわできれば映像も入れたいわで

実際に上演するのはなかなかハードルが高いと思いますが、

お時間あればちょろっと読んでみてくれたら嬉しいです。(謙虚)

作家ページに他の脚本もあるのでそちらも何卒よろしくお願いします。(強欲)

 

 

 

▼ここから雑感。

 

他の脚本と言えば、

パロディだし短めで場転も無くてやりやすいからだと思うんですが、

前作の『桃太郎が来ない』が断トツで人気あって嬉しい&有難い限りです。

私の所属している劇団マエカラサカナアでも、11月に『桃太郎が来ない』をやるのでそちらも何卒よろしくお願いします。(強欲2)

 

桃太郎に限らず、色んな団体さんから上演申請のメールをいただく度に、「観てえ」と思います。

自分の脚本を知らない団体さんが上演してるところとかそりゃ観てえ。

特に桃太郎に関してはキャラの性格やビジュアルが、演出さん役者さんによってかなり変わってきそうな脚本なので、観てえ。

私の脚本は改変も口調などを変えるのも基本的には歓迎です。

あまりにも話そのものが変わってくるとか結末が違うとかだと流石に駄目という場合もありますが、

是非その団体さんだけの舞台を作っていってくれたら嬉しいと思います。観てえ。

 

 

ずっと漫画を描いていた私にとって演劇は少し不思議な話で、

漫画は全部自分のものだと思っていたけど、演劇はそうはならないんですよね。

 

漫画は話を考えるのもキャラを作るのも実際に描くのも基本は自分1人ですが、

演劇はお客様に見せることが前提で、演出さんや共演する役者さんやその他スタッフさんが常に居て自分1人のものにはどうしたってならない。

脚本提供に至っては実際にどんな作品になったのかも私には分からないし。

 

「お前今更何言ってんだ」って話だとは思うんですが、

私は私のためだけに漫画を描きたいと思っていた時期が長くて、でも読んでほしい評価されたいという矛盾がありまして、

いや分かってる無理だろそれは。ガチの天才じゃなきゃ無理だろ。

 

演劇を通して、自分の手を離れたものはもう自分1人のものじゃないってことを体感的に分かるようになったのは自分の中で良かったことなのかなと思っています。

何だこの話。終わる。

第3回公演情報!

私の所属している劇団「劇団マエカラサカナア」の第3回公演の情報を出しました!

詳しくはサカナの公式サイト、Twitterをご覧ください。

 

 

f:id:otosatanai:20170808024650p:plain

 

第3回公演『めでたしめでたし』では学校祭内で3本の短編を上演します。

童話を元ネタにした15分~30分くらいの短編で、気楽にさくっと観れる構成になる予定ですのでお近くの方は是非。

 

第1回、第2回公演では役者兼何でも屋みたいなことをやっていた佳音ですが、

今回はなんと3本のうちの1本『桃太郎が来ない』で初めての脚本・演出をやらせていただきます。

しかも自分の脚本に役者としても出ます。

 

また、もう1本『7番の事情』にも役者として出ます。

『7番の事情』は役者のみですが、なかなかにやりがいのある役どころです。正直やるのすっっごい楽しみ。

 

 

今まで私は演出をやったことが無い上に、『桃太郎が来ない』はギャグ調の会話劇なので不安はありますがもちろん楽しみでもあります。

この脚本はよく高校の演劇部さんやその他の団体さんでも上演していただいていて、自分でも結構気に入ってる脚本なんですが、

実は一度「サカナ向きじゃないわな」って理由でサカナでの上演を没にした脚本だったりもします。

うわやっべえどんどん不安になってきた。

 

ですが、その分普段のサカナの雰囲気とは違った作品にできるかなと思っているので、

精一杯挑戦していきたいです。

頑張ろう。超頑張ろう。

 

 

最近とても幸せなことに良い演劇を観る機会に恵まれて、

しかもこの夏は片手で数え切れないほど観たい舞台があるので

個人的にすごく演劇づいてます。

めちゃめちゃ月並みだけど「演劇って良いなあ!!」って気持ち。

 

サカナは裏方・制作も全て自分たちで回していることもあって、本番が近づくほどメンバーが消耗して限りなく死体に近づいてしまうので、

この熱意と元気をちゃんと持続させていきたいです。

 

そしてそのためにはしっかり休んでチャージする時間も必要だなって、

死体だった第2回公演を思い出して心からそう思います

っていうか何事もそうだよな。気付くのが遅い。

自分が冷静なようでいて意外と猪突猛進型だってことに最近気付きました。気付くのが遅い。

 

なので、無理はせず、でも全力で、頑張っていきたいと思います。

私は私のやれることをしっかりやろう!って思ったよ。

 

個人的にはそんなこんななサカナの第3回公演です。

皆様のご来場をお待ちしています!